본문 바로가기

국제/지구촌화제

[独占記事] グアテマラ大統領、トランプ米大統領の国家朝餐祈祷会に招待およびホワイトハウス会談 2月6日~9日....今回の会談を裏面で手伝いしましたチョンセファン博士に視線集中

[独占記事] グアテマラ大統領、トランプ米大統領の国家朝餐祈祷会に招待およびホワイトハウス会談 2月6日~9日....今回の会談を裏面で手伝いしましたチョンセファン博士に視線集中

チョンセファン博士、ヒラリー候補の優勢な選挙戦の中でもトランプ候補側にトランプ候補の選を予告。  

トランプ大統領の選祝いの晩餐にチョンセファン博士の招待容、中南米全域にわる。  

グアテマラの元最高裁判所長、米国国家朝餐祈祷会にグアテマラ大統領も加できるようチョンセファン博士に要請。  

チョンセファン博士、トランプ大統領に手紙を出して成功させました。  

グアテマラ大統領、118日朝、チョンセファン博士に感謝のお電話。  


 

▲写真出処 = 牧師出身のJimmy Moralesグアテマラ大統領ツイーター @CanaldeGobierno

[時事タイムズ = MH UM局長] 政治家でもない一人の宣師とトランプ米大統領との妙なが一歩遅れてわりながら視線を集めている。特に中南米のであるグアテマラの大統領をトランプ大統領に紹介し、トランプ大統領より賓資格として招待される決定的な貢をした事が知られて、グアテマラは勿論中南米家の政治指導者らの視線が集中されている況です。  

 

常識的に信じられない話題の主人公はチョンセファン博士。チョン博士は南米のベネズエラで修士と博士位を取得して、その後、中南米の家議政治家を象に宣活動をしている人物で、英語とスペイン語などの堪能な 実力者であります

  

  

◆ トランプ大統領候補者の選を予測したチョンセファン博士、事


チョンセファン博士とトランプ大統領との妙なが始まったのは、美大統領選挙戦の熱が一番熱かった2016

 

7月に遡る。時米を訪問していたチョン博士は、米の有力なマスコミ殆どは民主の大統領候補である

 

ヒラリークリントンが共和の大統領候補であるトランプを勝つという容のニュースに接する。    

 

そんな雰囲気が米全域を打している際にチョン博士は、米やヨーロッパーの報道人およびの議会関係者らにトランプ候補が大統領になると予言でない予言をした。

 

チョン博士がそのよう話した背景には明らかな理由があった。その理由は、お神がトランプ大統領を約聖書にある

 

ゴレス王のよう立てて東北アジアの平和、特に韓の危機を解決する解決士として使うという信念があったからです。

 

そしてチョン博士は、おいする韓、中南米、米の主要人事たちに分明な口調で自分の見解を語っていました。  

 

大統領の選が終わって開票開始の日、米マスコミたちは相わらずヒラリーの選を予告する報道をした。

 

そのためヒラリー支持者らはお祭りムードに盛り上がった。開票初期の子はヒラリーの優勢に 出ていた。しかしチョン博士はそんな雰囲気にもわらずトランプ候補の大統領選を祝する祝電をトランプ陣に 打ちました。人が見ると頭の足りないまたは精神患者みたいに扱われる子であった。  

 

所が、結果はチョン博士の予測通りトランプ候補の勝利となりました。トランプ候補がヒラリー候補を抑えて米合衆の第45代大統領に選されたのです。

 

<憤怒と火炎>著者であるマイケルウルフはトランプ大統領がまさに大統領に選されるとは信じていなかったと 明かして議論になったが、時の雰囲気は殆どヒラリーが大勢であったのが事でした。そんな中で韓の一無名 宣師がトランプ候補が大統領に選されると早くも予言しただけでなく開票日に大統領選祝電まで打ちましたので、普段の信念ではないと見える。  

 

 

 

▲アルゼンチンのCynthia外交官の韓国国会訪問記念写真。隣は招待者のチョンセファン博士


 

▲左よりアルゼンチンのCynthia国会議員、Julio Cobos副統領、チョンセファン博士



◆ トランプ大統領の選祝いディナー(Gala 2017)にチョンセファン博士が招待されたことが中南米全域に知られました。

 

結果に一番驚いたのはトランプ大統領陣であった。半信半疑であったことが現になってから始めてチョン博士の

 

存在に深い心を持つようになった。 それからトランプ大統領の就任式の一日前に開かれた大統領選祝い ディナー(Gala 2017)に元朴大統領と一にチョン博士を招待した。しかし元朴大統領の劾事件のため加が 霧散された。


ではこのような事がマスコミに報道されなかったので知っている人がそんなにいないですが、全中南米には 知られていた。


そんな中で20177月中旬頃 “北朝鮮自由移住民人のための際議員連盟(IPCNKR)”の世界大が グアテマラで開催された。同大の米州担当顧問のチョン博士の長年友人であるJulio牧師がMagistrado Neftaly Aldana(元最高裁判所長)に連絡し、大統領と一に臨席して大を輝かして頂ければ幸いと要請した。しかし

Jimmy Morales大統領は日程が取れず加できなく、Neftaly元最高裁判所長のみ加した。この場で Neftaly最高裁判所長は、今回大統領は臨席できませんでしたが米と韓家朝餐祈祷会には加するよう要請すると言した。

 


 

▲Neffalyグアテマラ元最高裁判所長の手紙

 

▲元最高裁判所長の14次グアテマラIPCNKR演説

 

 

 

 グアテマラNeffaly元最高裁判所長、外務省大臣にグアテマラ大統領の米家朝餐祈祷会加可否の問い合わせをチョン博士を通じて確認するよう要請。

 

昨年1023日、Neftaly最高裁判所長はSandra外務省大臣に連絡しチョン博士を通じて、トランプ大統領が 参加する米家朝餐祈祷会Morales大統領も加する方法を協議するため、チョン博士をグアテマラに招待 する手紙を送ることになった。  

 

そこで1114Sandra外務省大臣はチョン博士に公文を送ります。本公文にはJimmy Morales大統領が 米家朝餐祈祷会だけでなく、韓国国家朝餐祈祷会にも加できるようして頂ければ幸いという要請が入っていた。 

 

公文を受けたチョン博士は困りました。米家朝餐祈祷会の場合、昨年10月末で招待送が締め切られていたし、一度も米家朝餐祈祷会加したことがなかったからです。しかしチョン博士はその要請を受け入れて本格的に推進し始めた。

 

 

 

▲グアテマラ大統領の米国家朝餐祈祷会に参加関連し、外務省大臣がチョンセファン博士に送った公式文書

 


チョンセファン博士、トランプ米大統領にグアテマラ大統領の米家朝餐祈祷会加希望を要請する手紙を送りました。


昨年チョン博士はトランプ米大統領に次のような手紙を送りました。
 

主の中で尊敬する米合衆Donald John Trump閣下  

 

いつも尊敬する閣下に私を紹介する機を下さいましたお神に光を持たせます。1987年以降韓の宣

 

として中南米議とキャンパスの福音化に身しているチョンセファン博士であります。

 


私の友人であるグアテマラJimmy Morales大統領は 20182月の米家朝餐祈祷会(3月韓国国家朝餐祈祷会)加意思を持っていることをSandra外務省大臣より手紙で私に送ってました。

 

私は、ベネズエラ中央立大(UCV)UCABで中南米の最近史(と中南米外交)修士博士で、

 

UCV際政治学教授として中南米家の指導者や生徒たちに宣師役をしてました。

 

199424次韓国国家朝餐祈祷会には、ベネズエラ改新教党首であるGodofredo Marin大統領候補夫婦や

 

の改新指導者を招待しました。

 


2017118日、米合衆トランプ大統領の韓国国会は、私の30余年の中南米宣教内容をほんの30分で含蓄させました名説教でありました。


のダイナミックな最近史にするトランプ大統領の名演は、韓だけでなく、全中南米の私の友人たちに感動をえました。


中南米の各指導者たちは、トランプ大統領の韓で、韓の政治、経済、文化展は、トランプ大統領のようない信仰の中で絶的な協力がベースであったという事を新たに認識する機になったそうです。


私と同じ牧師出身であるJimmy Moralesグアテマラ大統領は、19485月の祈から始まった韓と米

 

ワシントン、リンカーン及びトランプ大統領のような信仰に基いた米家朝餐祈祷会加を通じた未のグアテマラ建設を希望しています。


20167月ワシントンの訪問時、USA HISPANIC及びPOLITICO HISPANIC新聞社のJesus Sanchez

 

Canete長とヨーロッパー記者および共和、民主人事たちに次期大統領はお神を畏敬している共和のトランプ

 

候補が選されると予言しました。


理由は、トランプ大統領はお神が立てた21世紀の고레스, 半島および東北アジアの急する事態を、

 

トランプ大統領のようない信仰の持っている大統領だけが解決できるからと予言しました。


135年前、米師たちの殉で宣教国家になった韓をお神は新たな宣道具にすると思います。


2016119日午後1時、トランプ大統領候補の弱勢にもわらず、私はICCF Dr. Moreno博士に

 

トランプ候補の選メッセジーを送りました。


ICCF John B. Gantt裁より韓大統領と私をトランプ大統領と一にする“Gala 2017 招待”を

 

送って頂きました。

 

の政治事態によって加はできませんでしたが、招待機を賜りましたトランプ大統領に感謝いたします。


このようなニュースを中南米の指導者たちは知っていてトランプ大統領を尊敬しています。

 

なお、私と同じ牧師出身であるJimmy Moralesグアテマラ大統領は米家朝餐祈祷会加してダビデの

 

ようなトランプ大統領と一に米と世界平和のために一に祈できる朝餐祈祷会になれるよう願っています。


お神より米合衆トランプ大統領の健康とソロモンのような知のため祝福を賜りますよう!!!


P.S. グアテマラSandra外務省大臣の公文書.

 


チョン博士は手紙をICCF裁のJohn B. Gantt (米上下議員1/3員が参与する団体)を始め米ワシントンの有力マスコミの長や係者たちに送りました。

 

特に牧師出身であるJimmy Morales大統領が米家朝餐祈祷会とホワイトハウスでトランプ大統領との面談や

 

祷会が持てるよう要請しました。


チョン博士は昨年9月、米で上下議員や各外交官たちに週の水曜日ごとに聖書と祈祷会を導く

 

アルゼンチンの最初の改新女性議員出身(現アルゼンチン大統領の最側近)Cynthia外交官を韓に招待

 

したことがあります。 Cynthia外交官にもJimmy Moralesグアテマラ大統領の米家朝餐祈祷会とホワイトハウスでの面談が現できるよう祈のお願いをしました。


また、米政治人たちに影響力を持っているワシントンのUSA HISPANIC及びPOLITICO HISPANIC新聞社の

 

Jesus Sanchez Canete長にも米家朝餐祈祷会とホワイトハウスでの面談が現できるようお願いをする

 

など多角的な外交活動を行いました。


 

▲アルゼンチンSALTA副知事とインタービューするチョンセファン博士(写真出処 = SALTA州政府新聞)

 

118日夜明け、グアテマラJimmy Morales大統領から直接チョンセファン博士に感謝電話。


この前、グアテマラ外務省の某大使より、グアテマラ大統領の米家朝餐祈祷会とホワイトハウスで26日~9日の面談における費用を米側がうとの連絡があったとチョン博士にわれた。米家朝餐祈祷会史以こんなことはなかったので、係者みんなが驚いていたという雰囲気も一われた。お願いが現されたことです。


所で、もっと驚いたのは、韓時間の118日の夜明け、Jimmy Moralesグアテマラ大統領が直接チョン博士に電話して感謝の挨拶とともにグアテマラの訪問を要請したことです。それからホワイトハウスの訪問は三日間で調整

 

されましたと明したことです。トランプ大統領がJimmy Moralesグアテマラ大統領を賓資格で招待したことです。

 

チョン博士は連絡を聞いてとても嬉しかったと言い 際一つの宣師として目標を推進するにたって難しいことも多くありました。しかしJimmy Moralesグアテマラ大統領を愛するお神のお陰でトランプ大統領との面談が現されたと思います。

 

特に私は、Jimmy Moralesグアテマラ大統領が米家朝餐祈祷会加できるようりましたが、お神

 

トランプ大統領の心を動かしてホワイトハウスまで招待するようになりました。お神は確Jimmy Morales

 

大統領とグアテマラを愛していると言いながら光をお神に持たせる謙遜さを見せました。


チョン博士は、今回のグアテマラ大統領とトランプ大統領の面談事成に連して、一角ではまるで自分たちの努力によって事成されたよう報しているとの話も聞こえていると言い、それを遮するため、Neftaly元最高裁判所長

 

よりその間の具的な進行容を係者たちに明するのが望ましいと話してマスコミに表することになりましたと明らかにしました。

 


 

▲2018年3月8日、Neftalyと彼の妻Sandraは韓国の50番目のNational Prayer Breakfastに参加しました。

 

<時事タイムズ>は、今回の事案に連してチョンセファン博士と公式にインタービューを持ち、 時事タイムズの者にもっと詳細な事項をえる計であります。同時にチョン博士の今後の動向と現在推進されている中南米家間のパウロ使役を事案に時事タイムズが優先的に報道する計であります。

 


 

<綺麗な社と明るい未を創造する時事タイムズ>    

<著作(c)時事タイムズ無断転-再配布禁止.>

<시사타임즈 홈페이지 = www.timesisa.com>

 




엄무환 국장 hwan2778@timesisa.com
728x90